Nereid
Top
Fishing
Diving Boat
Blog
Link

Boat

Bavaria 30Plus
2019-
Bavaria30Plus

2019/03/05 糸満フィッシャリーナに到着


NISSAN FP-700EX
2004-2018
FP-700EX
2004年に中古で購入。
沖縄では、よく急なスコールに降られるので、操縦席は雨がしのげることを条件に、手頃なサイズのボートということで決めました。
純正は2stの90馬力ですが、前のオーナーが4stのスズキDF115船外機に換装してくれていたので快適です。

上架中
沖縄本島 西海岸 宜野湾港マリーナに上架保管してます。最近マリーナの改装があって新し い保管場所に引っ越してきたばかりです。
上から
ビジター用桟橋に仮係留。
釣りに行くときは朝早いので、事前に浮かべておく手間がかかります。

後ろの上から
自作の日よけタープは、普段キャスティングの邪魔になるので丸めて仕 舞ってます。
前で1名、後ろで2名同時にGTルアーのキャスティングできます。
前
日差しが強く、キャスティングする元気がなくなると、日よけを出しての んびりモード。
後ろ
主機 スズキDF115、補機 マーキュリー8馬力(2st)。
操縦席
操船席。だいたいいつもサンルーフを開けて頭を出して操船してます。 座って操船するのは雨の中くらい。
カディ
カディ内。6.7フィートのロッドがなんとかそのまま収納可能。6 フィート以下のジギングロッドとかは左端のスペースに収納可能。
リール同士が直接あたらないように、100均の弁当箱用巾着袋でガード。
右側には一応トイレも付いてますが、いまだ未使用。
ステップ
後ろ側。
最近の小型ボートはこんな座席形状の融通の利かない配置はあまり見かけないですね。
でも、スイミングラダーから続く平らな部分があり、段差も少ないので、フィンを履いたまま、海から上がるのには便利です。
シート下
その座席形状の下は、真中が主機用100L燃料タンクと補機用燃料タン ク。左舷側はバッテリー室になっています。
バッテリーは純正では右舷側だったみたいですが、補機をそっち側につけた関係からか左舷側になってます。現在さらにサブバッテリチャージャーを追加して2 バッテリーにしています。
入っている中身の大きさからすれば確かにフラットフロア化しても何も問題なさそう。
オイル交換
オイル交換風景。 ジャッキアップしたりしないだけ自動車よりも簡単。









Nereid - 沖縄での海遊び -